痛み方は時と場合によって変化するのかなと思います。

それは気持ちの変化と深く関わっているとも言えるのではないかなと。

自分にとって、痛みの原因が納得出来る場合は何となく痛みに対して対処しようと

前向きになりやすくなります。

納得出来ないと…やる気が起きなくなってきます。

あくまで個人的な考えですので、そういう考え方もあるのかな位で読んでもらえれば

ありがたいです!

原因を見つけるというのは、中々難しいです。

自分の場合は、レントゲンやMRI等の画像診断をまず撮影してもらうようにお願いして

ます。
画像診断で特に異常が見つからなければ

関節可動域の改善や身体の使い方、効果的な休息の組み合わせで痛みの改善をお手伝い

出来ると思います!

昔レントゲンやMRIを撮影したが、長い間撮影していないとおっしゃる方も多いです。

手や足の痺れ・左右の筋力がアンバランス・筋肉の大きさも違うような方は

やっぱり画像診断をもう一度お願いする事があります。

自分も何回もレントゲンやMRIを撮影した事があるので、時間がかかって手間なのも

凄く分かります💦
でも、画像診断で特に異常がなければ、

改善できる選択肢は増えていきます!

痛むから安静にする・薬を飲む・湿布を貼るだけよりも身体の使い方を意識すること

で痛みの改善や痛みと向き合う事が出来るようになる事のほうが、今後の生活に

プラスになると思います‼️



















花小金井 腰痛 肩凝り スポーツ障害 小平 カイロ 整体 トレーニング
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://watanabechirop.blog.fc2.com/tb.php/789-e024fb1e