2017.10.20 停滞する時
トレーニングをしていると、重量を挙げる事が停滞する時があります。

例えば、ベンチプレスを挙げるトレーニングをする時です。

始めのうちはトントン拍子で重量が挙がっていきます。

そして、自分の体重以上の重量を挙げてからが停滞していく事が多いようです。

普通に考えてどこまでも重量が挙がっていく事はありえません。

トレーニングを積めば体重の1.5倍は挙がるのではないかなと。

でも、そこまでいくのには個人差やトレーニング頻度、トレーニングの質、栄養素の

補給、休息など考えていかなければならない事が増えていきます。

ある程度トレーニングをして、身体が変わってくると全体的に筋肉をつけたい!と

思うようになります。

今までベンチプレスだけを週に2回1時間行っていたのが、他の部位もトレーニング

するとなると、週に2回を3回に、時間を2時間にする等しなければなりません。

時間が作れれば良いのですが、仕事をしていると時間を確保することが出来ません。

トレーニングをする為に、他に使っていた時間をまわせるか…。

時間を確保するって大変ですよね💦

そして、ジムに行く足が遠のいてしまう…。

だから毎回キツいトレーニングをしないで、たまにはサウナだけでも良いと思います。

ジムに足が遠のく事を止めないと、停滞どころじゃなくなってしまいます。

あとは、停滞してきたら、インストラクターに聞いたり他のトレーニングをしている

方に聞いてみるのも良いと思います!
トレーニングは正解というのがないと

自分は思うので。
色んな角度から筋肉に刺激を与える事が

大事です❗️❗️

明らかに関節や筋肉に負荷をかけるのは良くないですが。

停滞してきたらトレーニングを見直す事が大事です!

一人一人停滞を乗り越える方法は違いますが必ずあります!

























花小金井 トレーニング カイロ 小平 腰痛 肩凝り スポーツ障害 整体






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://watanabechirop.blog.fc2.com/tb.php/782-af6c8798