競技だけの練習をしているとパフォーマンスの壁にあたります。

レベルが上に行けば行くほど壁を感じます。

スポーツのほとんどがそうです。

そして、怪我もしてしまう可能性が高くなります。

人それぞれ強い筋力と弱い筋力が出てきます。

闇雲に練習をして結果が出る時もありますが、自分に足りない場所を探してトレーニング

をする方が目的意識も持てて結果に結びつきやすいですね!

ウェイトトレーニングをして筋力がつけば競技に直結するかというと、すぐに結果が

でる競技もありますが、ほとんどは競技の練習と組み合わせないと難しいです。

筋力や筋肉がついて、競技の動きに落とし込む作業をしっかり行わないといけません❗️❗️

ただ闇雲に筋トレをして、身体が大きくなっただけで競技に活かされなかったら

ヘコみますよね!

速く走りたい・強く蹴りたい・遠くに飛ばしたい等、目的を明確にして、

どの部位を鍛えたら良いのかを頭に入れてトレーニングをする事が大事です❗️❗️



















花小金井 トレーニング 腰痛 肩凝り スポーツ障害 カイロ 整体 小平
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://watanabechirop.blog.fc2.com/tb.php/769-3ab9786b