2017.04.28 鏡を見てする
こんな感じで良いかな?というやり方と、このやり方でやりきってやる!

というトレーニングだと、差が出てきます。

トレーニング方法に正解はないと思っています。

ただ、身体の使い方はある程度理にかなった方法でないと、ターゲットとしている

筋肉に刺激がいきづらいかなと思います。

自分の頭の中でトレーニング方法を理解して、どこに注意を払うかを常に意識して

いると身体つきは変わってくるのが早くなります!

意識しやすいのは、やっぱり鏡の前でトレーニングをする事です。そして、

身体のラインが分かりやすいタイトな服装でトレーニングをします。

ナルシストっぽく見られるかな?
なんて思わないで下さい!

鏡を見て、自分のターゲットとしている部位を意識してトレーニングをします。

恥ずかしさもすぐに慣れますので😊





















花小金井 腰痛 トレーニング 肩コリ スポーツ障害 小平 カイロ 整体
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://watanabechirop.blog.fc2.com/tb.php/723-9b1a8790