最近、一時間位電車で移動することがありました。

スマートフォンをずっと見てしまいまして、その後首のつけ根に違和感を覚えました。

スマホの見過ぎだと思っていたので、ゆっくりと背中を反らしながら顔を上に向ける

動作を10回程繰り返しました。

ここで一番大事だと思う事は、背中を反らした状態を作ってから顔を上に向けること

だと思います。
背中を反らさないで顔だけ上に向けても

おそらく痛みや違和感は改善されないと思います。

背中を反らしてから上を向いてみましょう❗️


















花小金井 腰痛 肩コリ スポーツ障害 小平 カイロ 整体 トレーニング
スポンサーサイト
小学校3.4年生の野球チームのお手伝いをさせてもらっている時に、子供達のスパイクの紐がすぐに

解けてしまいます。自分の少年野球時代も解けることは良くありましたね💦

小さい時は紐が解けてもあまり気付かないですね。

それが中学や高校になると、しっかり紐が結ばれてないと力が入らなくなってきます。

あとは硬く結べていないと不安になります。

きつくてしっかり結ぶという事は、人間の身体でいうと股関節周りの筋肉を鍛える

ことなのかなと思います。

お尻や下腹部に力が入らないと足の力を上手く上半身に伝えることが出来ません。

バットやボールに力を伝える為には足から股関節を通じて背中・腹部の力を足して

最後にバットやボールに力を伝えます。
手や足に力を伝える為には結び目である股関節周りの筋肉がが非常に大事なんですね!


















花小金井 トレーニング 腰痛 肩コリスポーツ障害 小平 カイロ 整体
腰に良くないことといえば、やっぱり1番は屈んだ姿勢だと思います。

屈むというと…
椅子に長時間座っていると背中が丸まって

きます。
車の運転もそうですね!

床に置いてある荷物を持ち上げる時も屈みます。

どれもしょうがないといえばそれまでですが、やっぱり注意をしないと腰痛がひどく

なることがあります。
ジワジワ痛くなれば気をつけようと思いますが

ギックリ腰のように突然激痛がくると大変です。

痛くなった原因を考える余裕はないんですね💦

だから痛くなくなってきたらおっかなびっくりと動きます。

どこに注意が必要かも分からないまま、痛みがなくなると以前のように生活します。

そしてまたギックリ腰になるという…

繰り返していると必ず悪化します。

自分でケアできる所はできるだけ注意をしないと腰痛になってからでは痛みが重く

なってしまいます。

今、運輸業界で荷物が捌き切れないくらい物量が増えてドライバーさんが大変だと

ニュースで見ました。
ドライバーさんは腰に良くない姿勢が多い

です。一日中車の運転をし、荷物を持ち上げる姿勢を繰り返すので本当に大変だと思います。

帰ってから、できるだけ腰をゆっくり反るようにストレッチをしたほうが良いです。

立った姿勢からお腹をゆっくりと前に突き出すだけでも良いです!





















花小金井 腰痛 肩コリ スポーツ障害 小平 トレーニング カイロ 整体
自分は腰が痛い時、まずは太もものハリ・股関節の動き・臀筋のハリ・腹圧がしっかり

かかるか・背中の筋肉のハリを確かめます。

痛みを引き起こす要因は人それぞれです。

痛みがある場所だけが要因であることのほうが珍しいように思います。

痛みがある場所の周りの筋肉や関節のバランスが悪かったり、偏った使い過ぎで

痛みが出てしまう事が多いです。

自分では痛みが出てきた所に意識が集中してしまい、他の筋肉や関節に注意がいかない

ことがほとんどです。

痛くて湿布や痛み止めの薬を飲むけどあまり変わらないなんて事もあります。

自分もそうでした💦

痛いとあまり身体を動かそうとしません。

動かさないと余計に身体のバランスが悪くなります。

これは悪循環です。
自分が経験あるので痛くて動きたくない

気持ちはよく分かります。
でも、自分で動かさないと本当の改善には

ならないんですね!

本当の改善をお手伝いする為に自分のような者がいるのではないかなと思います😊





















花小金井 腰痛 肩コリ スポーツ障害 小平 トレーニング カイロ 整体



減量しよう❗️と決めて食事や運動を極端に変えてしまうと色々と身体に変調をきたします。

急激に体重を落とすと脳はビックリしてこのままだと危ない!と思うようになり、脂肪を溜め込もうとします。

そして、食事も炭水化物を急激に減らすと体力の低下・倦怠感・不眠等といった症状

が出る可能性も出てきます。

そんな時に身体を動かすと…怪我をします。

せっかく運動が習慣になりつつある所に怪我をするというのは非常に残念ですよね!

目標とする体重をあまり高く設定せず、食事も極端に変えず、長く続けられる程度に

設定します。
運動も体力がついていない時は出来る範囲

で動かし、動けるようになってきたら少しずつ強度を上げましょう❗️

少しずつ、地道に!
これが1番大事です❗️❗️























花小金井 トレーニング 腰痛 肩コリ スポーツ障害 小平 カイロ 整体