筋肉量を多くしたいと筋トレを沢山します。

そしてタンパク質を中心とした食べ物を沢山食べます。

比較的痩身の方で食べても太らない事もあります。

食べ過ぎて上手く消化出来ずにお腹を下す事もあります。

筋トレをしても、食べて栄養素が消化吸収できなければ筋肉は大きくなりにくいです。

早く筋肉を大きくしたくて自分もかなり大量に食べていた時期がありました💦

でも、下痢しちゃうんです…。

1日6食、少量でいいから小まめにタンパク質を摂るやり方に変えたら身体も大きく

なっていきました。

ドカ食いはあまり勧めませんね!

消化吸収できなければ内臓に負担がかかるので。

ただ、お腹を下さない量であれば沢山食べる事も大事です❗️

少しずつ量を増やして消化吸収出来る量も増えていけば筋トレの効果も格段にアップ

すると思います❗️

















花小金井 腰痛 肩凝り スポーツ障害 小平 カイロ トレーニング 整体
スポンサーサイト
2017.06.30 タイミング
競技の為に筋トレを取り入れたはずが、身体は大きくなったのにパフォーマンスが

上がらない!なんてことはありませんか?

筋トレをしていくと、ある程度は身体が大きくなります。

大きくなってくると、挙げる重量も増えてきます。

高重量を挙げられるようになると、達成感があります!

これは自分が経験しました。
高重量を挙げられるようになれば、バッティング

の飛距離が飛躍的に伸びるだろう!って漠然と考えていたんですね。

でも、バッティングの動きの中でのトレーニングをしないと効果は低くなってしまいます。

バッティングはタイミングが命です。
タイミングをとる練習では高重量を挙げる

事はあまり重要ではありません。

タイミングをとる練習とは、身体全体を上手く使いこなし、一気にバッティングに必要な筋肉を収縮させて

バットに力を伝えるかが非常に大事になってきます。

だから、タイミングをとる為には動体視力やリズム感、打つ時の身体のバランスが

とれていないと上手く打てません!

筋トレはあくまでも競技に活かせる身体を
作り上げるか!が大事になってきますね!


























花小金井 トレーニング 腰痛 肩凝り カイロ 整体 スポーツ障害

2017.06.14 力こぶ!
筋トレをしている男性は力こぶ💪を大きく、形良くしたいと思われている方は結構

いらっしゃるのではないかと思います。
筋トレの成果は、いかに筋肉に刺激を与えるか

だと自分は思います。

刺激を与える方法としては
①高重量を挙げる
②回数を多く挙げる

が主な刺激を与える方法です。

自分は力こぶを大きくしたくて高重量でアームカールをひたすら行っていました。

デカくはなりましたが、形がイメージしたのと少し違うなぁと。

高重量を挙げる時は、とにかく挙げる❗️事を意識します。

収縮がメインです。

身体全体を使って挙げます!

これだけでも力こぶが大きく、形良くなる方もいます。

でも、自分は形良くというのが納得のいくものではなかったです。

今では高重量を挙げる➕ネガティヴを意識できる重さで挙げる事を取り入れてます。

ネガティヴっていうのは、
アームカールの場合だと下ろす時の動作です。

挙げる時はポジティブです。
下ろす時に、出来るだけゆっくり下ろします。

だから、高重量では出来ません!

今自分がやっているトレーニングは
「高重量挙げる→ゆっくりと下ろす」

の組み合わせです。

高重量を挙げた後、なるべく早くゆっくり下ろすトレーニングに移行できると良いと思います!

キツいですが、筋肉に刺激を与えるには良いトレーニングです❗️😊

























花小金井 トレーニング 腰痛 肩コリ スポーツ障害 小平 カイロ 整体



色々な名前のトレーニング方法があります。自分も現役で野球をしていた頃は

様々なトレーニング方法を試しました。

速く走りたい・速い球を投げたい・遠くに飛ばしたい等、スポーツをしている方は

何とか良いパフォーマンスを引き出す為に試行錯誤します。

でも、忘れてはいけないのは自分の身体と向き合うことですね❗️

苦手なことから逃げないで向き合うことが非常に大事です!

でも、長所は伸ばすことも凄く大事です!

得意な事も伸ばしつつ苦手な事もしっかりと練習する事を覚えるとパフォーマンスは

上がります❗️

地味なトレーニングほど後になって大事な事に気づきます。

子供達には特にその事をしつこく言い続けています。





























花小金井 トレーニング 腰痛 肩コリ スポーツ障害 小平 カイロ 整体

(写真:NSCA S&CJournal)

上の写真は体幹と肩甲骨周りのトレーニングです。

注意点は
①身体を床と平行に保つ
②足は曲げない
③肘は曲げない

です。

足の幅を狭くすればするほどキツくなります。

肩を使う競技には良いトレーニングだと思います❗️

例えば…バレーボール・バドミントン・野球等です。水泳も良いですね!

トレーニングって自重負荷で行うバリエーションが数多くあります❗️

とにかく何でも思いついたらやってみます!

何か違うなぁという事の方が多いですが💦





















花小金井 トレーニング 腰痛 カイロ 肩コリ スポーツ障害 小平 整体