2017.10.20 停滞する時
トレーニングをしていると、重量を挙げる事が停滞する時があります。

例えば、ベンチプレスを挙げるトレーニングをする時です。

始めのうちはトントン拍子で重量が挙がっていきます。

そして、自分の体重以上の重量を挙げてからが停滞していく事が多いようです。

普通に考えてどこまでも重量が挙がっていく事はありえません。

トレーニングを積めば体重の1.5倍は挙がるのではないかなと。

でも、そこまでいくのには個人差やトレーニング頻度、トレーニングの質、栄養素の

補給、休息など考えていかなければならない事が増えていきます。

ある程度トレーニングをして、身体が変わってくると全体的に筋肉をつけたい!と

思うようになります。

今までベンチプレスだけを週に2回1時間行っていたのが、他の部位もトレーニング

するとなると、週に2回を3回に、時間を2時間にする等しなければなりません。

時間が作れれば良いのですが、仕事をしていると時間を確保することが出来ません。

トレーニングをする為に、他に使っていた時間をまわせるか…。

時間を確保するって大変ですよね💦

そして、ジムに行く足が遠のいてしまう…。

だから毎回キツいトレーニングをしないで、たまにはサウナだけでも良いと思います。

ジムに足が遠のく事を止めないと、停滞どころじゃなくなってしまいます。

あとは、停滞してきたら、インストラクターに聞いたり他のトレーニングをしている

方に聞いてみるのも良いと思います!
トレーニングは正解というのがないと

自分は思うので。
色んな角度から筋肉に刺激を与える事が

大事です❗️❗️

明らかに関節や筋肉に負荷をかけるのは良くないですが。

停滞してきたらトレーニングを見直す事が大事です!

一人一人停滞を乗り越える方法は違いますが必ずあります!

























花小金井 トレーニング カイロ 小平 腰痛 肩凝り スポーツ障害 整体






スポンサーサイト
2017.10.12 色々な刺激
今、スイミングの中高生のトレーニングを指導させてもらっています。

週に一回密度の濃いトレーニングをと考えていますが、ただキツいだけだと面白く

ないので色々なトレーニングを組み込むようにしています。

キツいトレーニングももちろん大事です。
でも、やっぱり少しは楽しくないとなぁ

と自分は思います。
ターゲットとしている身体の使い方を、

色んな刺激でトレーニングするようにしています。

例えば、体幹トレーニングといっても無数のやり方があります。

目的が泳ぎに必要な動きという事から外れなければ、子供達が楽しくできるトレーニング

を少し取り入れるようにしております。

先日、トランポリンの上で音楽に合わせてトレーニングをしました。

自分も一緒に動いたのですが、かなりキツかったです💦

でも、楽しかったです😊
子供達の表情を見て笑顔が見えたので

このトレーニングをして良かったかな?と思いました!

楽しく厳しく!を常に頭に入れてこれからも指導していけたらなと思います!











花小金井 トレーニング 腰痛 肩凝り スポーツ障害 小平 カイロ 整体
2017.10.02 走り方
走る時って何に注意すれば良いか?
子供に説明する時は場面によって少し違う

言い方をします。

例えば、徒競走と野球での走り方は少し違います。

走り方というか、一歩目ですかね。

徒競走は前にどれだけ早く一歩目をスタートできるか。

そして、腕を前後に素早く振り、体幹がブレないように維持する、脚は腕同様早く上げ

てから力強く地面を蹴るという一連の動きを説明します。

この動作の中でも子供によって得意不得意、関節可動域の柔軟性が違います。

だから、なるべく一人一人に合わせたアドバイスをするようにしています。

これが野球の動きになるとまた違います。
野球は前後左右の動きがボールの行方に

よって一歩目を踏み出すのがかなり重要になります。

一歩目が遅れるとフライをキャッチ出来ないでヒットになってしまうなんて事が

よくあります。

だから、野球での走り方は足の回転も大事ですが、上半身の動きも非常に大事に

なってきます。
上半身をいかに速く回旋して打球の方向に

向けるかで野球の動きが変わってきます。

上半身と下半身の連動性が鍵です❗️

何回も練習すれば必ず一歩目は速くなります😊

だから何回も何回も練習して子供達に出来るまで言い続けます。

子供達はうるさいなぁと思ってると思います💦

でも、野球をしていくならば、絶対必要な動きなのでやらせています!




























花小金井 腰痛 肩凝り スポーツ障害 小平 トレーニング 整体 カイロ
身体を大きくしたい!と沢山食べる事ってあると思います。

何をどのタイミングで食べるのかが非常に大事になってきます!

例えば、トレーニングや競技の前に食べる時は何を食べるのが良いのか?

自分は色々試して、2~30分前に炭水化物を摂取するようにしてます。

パンでもお米でも、フルーツでも良いです!とにかく少しでも炭水化物をお腹に

入れます。厳しいトレーニングをする為にはエネルギー源がないと動けませんよね!

トレーニング後は?というと、高タンパク質の食べ物を摂ります。

トレーニングや競技直後はプロテインで済ましても良いのかなと思います。

晩御飯はしっかりと高タンパク、程よい炭水化物、ビタミン、ミネラル、脂質の

バランスのとれた食事をしなければいけません。

身体を大きくする為にはタンパク質!とイメージします。

確かに大事ですが、他の栄養素が不十分だと、せっかく高タンパクの食事を摂っても

効果が半減してしまいます。

疲れにくい、疲れがすぐにとれる身体にする為にはバランスの良い食事が1番大事です!

いつも気持ちの入ったトレーニングや競技をする為にはタンパク質だけでは足りません❗️❗️

ただ、激しく運動すると分かっているときの運動前の食事はお腹いっぱい食べないで

ください!
身体を動かす事よりも、消化吸収すること

を優先してしまうようです!
人それぞれ内臓の消化吸収能力は違います。

沢山食べて下痢をしてしまう方は、なるべくこまめに分けて食事をしましょう!











花小金井 腰痛トレーニング 肩凝り スポーツ障害 カイロ 整体小平

思うようにトレーニングできた!・納得のいく練習ができた!という時があります。

でも、その日に夜中まで起きていたとしたら…。

もったいないです❗️

トレーニングやハードな練習をすれば、筋肉は疲れて細かな筋繊維は破壊されています。

睡眠時間が少ないという事は、筋肉を修復する時間がなくなるという事ですね❗️

せっかく良いトレーニングや練習をしても効果が半減してしまいます。

もったいないです❗️

睡眠時間を確保するというのは、大人になればなるほど難しい時もあります。

でも、トレーニングやハードな練習をした日は睡眠時間をしっかりとりましょう❗️❗️

子供は特に睡眠時間は大事ですね!

今だけではなく、今後を見据えてスポーツをするのであれば小さいうちから睡眠時間

をしっかりとる事の重要性を理解させて実行させなければなりません❗️❗️

★睡眠時間がなぜ必要なのか

①子供は7-9時間以上必要
②身体を作る(筋肉・骨)のに必要な成長ホルモン・男性ホルモンは睡眠時に多く分泌される。
③筋肉が修復されるのも睡眠時
④炎症を抑える
⑤次の日の集中力・体力に影響する

等、睡眠時間を確保することによってもたらされる良い事が沢山あります❗️

あと、必ず部屋は暗くして寝るようにしましょう❗️

疲れ過ぎて電気をつけたまま寝てしまわないようにしましょう!

子供は特に注意をしてあげて下さい!
部屋を暗くする事によって、メラトニン

というホルモンが分泌されます。
これがないと深い睡眠がとれません!

身体の修復ができないということですね!

皆さん睡眠時間をもう一度見直してみましょう❗️❗️






















花小金井 腰痛 肩凝り スポーツ障害 小平 トレーニング カイロ 整体